業界経験者だからできる安心のホーム探し|有料老人ホーム、介護施設、高齢者住宅、グループホーム、認知症に関する入居相談はケアプロデュースへ。

  • HOME
  • ケアプロの特徴
  • 介護お役立ちガイド
  • 事業者様向けサービス
  • 有料老人ホーム情報館

老人ホーム・介護施設探しの相談事例(ケアプロ入居相談室)

ケアプロ入居相談室では、様々な方から寄せられたご相談に対し、ご希望やご条件にあった老人ホーム・介護施設をご紹介しています。
これまで実際にご相談いただいた方々の事例をご覧ください。
現在お悩みの方やお探しの方、今後に備えたい方などのご参考になれば幸いです。

認知症はあるが、身体状況は良好。出来ることは自分でやってほしい!|相談事例28

■入居検討者様の状態・状況

性   別 女性
年   齢 86歳
介 護 度 要介護1
必要な医療行為 特になし
認知症 あり(物忘れ程度)
相談者:娘様
希望エリア:指定なし
ご予算:指定なし
備考:独居にて生活

ご相談内容

 認知症を患いながらも一人暮らしをされているお母様を心配して、娘様からご相談いただきました。

 ホームを検討するにあたり、娘様からは「認知症(多少の物忘れ)はあるものの、身体状況は良好で、身の回りのことは自分でできている。ホームに入居してもヘルパーに全て頼るのではなく、出来ることは自分でやってもらいたいと思っている。」といったご要望があがりました。

 そこで“グループホーム”という種類のホームをご案内いたしました。
グループホームとは認知症の方専用の共同生活を営むホームです。1フロア9人で1ユニット、計2ユニットで全18名というのが一般的で、有料老人ホームでは買い物・洗濯・食事の準備を施設にやってもらうことになりますが、グループホームでは、各ユニットで役割分担を行い、買い物や食事の準備などを行います。スタッフが寄り添いながら自分でできることは継続し、家庭にいるような環境のなかで生活できるのがグループホームの特長です。ただし要支援2以上で、住民票がある市区町村のグループホームへの入居に限られるため、対象者の住民票がある地域で空室のあるグループホームをご紹介し、実際に見学していただいた後、小規模で家庭的な雰囲気や生活スタイルを気に入られ、すぐに入居の運びとなりました。

週3回のデイサービスが楽しみ。老人ホーム入居後もデイサービスに通いたい!!|相談事例24

■入居検討者様の状態・状況

性   別 男性
年   齢 86歳
介 護 度 要支援2
必要な医療行為 特になし
認知症 なし
相談者:姪御様
希望エリア: -
ご予算: -
備考:独居で生活

ご相談内容

 まだお元気な対象者様。独居のため将来的な不安もあり、元気なうちに老人ホーム入居をしておきたいとのことでした。そんな対象者様が最も楽しみにしているのは、週3回のデイサービス。事業所は別でも良いので、老人ホーム入居後もデイサービスに通いたいとのご要望がございました。

 基本的に「介護付有料老人ホーム」に入居した場合は、デイサービスに通うことは出来ません(実費負担であれば可能)。
一方で「住宅型有料老人ホーム」、「サービス付き高齢者向け住宅」は、ご自宅同様に外部サービス利用型ですので、入居後もデイサービスに通うことが可能です。

 今回はデイサービスが併設している「住宅型有料老人ホーム」にご入居されました。
ご見学時、入居者様に「是非入居して、一緒にスイカ割りをしましょうよ!」と誘われたことが決め手になったようです。
併設されているデイサービスには入居者様に限らず、外部からも大勢の方が通われており、新たにたくさんのお友達が出来たと大変喜んでおられました。

独身でいざというときに頼る相手がいない・・・元気なうちに老人ホームへ入居したい|相談事例23

■入居検討者様の状態・状況

性   別 男性
年   齢 74歳
介 護 度 未申請
必要な医療行為 特になし
認知症 なし
相談者:ご本人様
希望エリア:横浜市周辺
ご予算:入居時費用4000万円、月額利用料20万円
備考:独身

ご相談内容

 今は元気だが独身でいざというときに頼る相手もいないため、今のうちから有料老人ホームを探したいとご相談をいただきました。

 数年前から自立者向けの有料老人ホームを見て歩いたが、なかなかご自身の希望に合うところを見付けられずにいたようです。
ご条件としては関東圏、自立者向けで将来的には介護対応もしてもらえて看取りまでできる老人ホーム。また保証人になってくれる方もいないので併せて相談したいとのことでした。

 老人ホームに入りたいとの想いは強くお持ちでしたが、どこから整理していけばいいのかわからない状態になっておられました。
本当に住みたい地域はどこなのか。自立しているうちはどのようなご生活をされたいのか。介護や看取りについてどのようなイメージをお持ちなのか。資産的には老人ホームにどれだけ費やせるのか。身元引受人や保証人をどうするのか。
これら一つ一つを整理し、必要な機関へのお取次ぎをした上でいくつかの老人ホーム見学をご一緒しました。

 現在は、ご希望の地域に新しく出来た自立者向けの老人ホームをご利用になり、毎日ホームの送迎バスを利用しながら美術館めぐりなどを楽しんでおられます。

独居の母、認知症から買い物依存、昼夜逆転の状況です|相談事例21

■入居検討者様の状態・状況

性   別 女性
年   齢 90歳
介 護 度 要介護2
必要な医療行為 特になし
認知症 あり
相談者:娘様(ご長女様)
希望エリア:東急田園都市線沿い
ご予算:入居時費用500万円、月額利用料20万円
備考:独居で生活

ご相談内容

 娘様より独居で認知症のお母様についてご相談をいただきました。お母様は90歳ですが足腰はしっかりしており、外出をしたり買い物をするのがお好きだとのことでした。
しかし認知症と診断されて1年、徐々に認知症状が進行し昼夜を問わず外出をしたり、大量の買い物をして帰ってきたりなど、冷蔵庫の中が溢れかえるようになってきました。
在宅でのサービスは限界に近づいているが、馴染みのホームヘルパーさん以外は受け付けず、また、住み慣れた街から離れることを拒んでいるそうです。

 住み慣れた街なので、外出しても自宅に戻れ、買い物でのトラブルもなく生活しておりますが「今後いつどのような形で事故や事件に巻き込まれるか分からない。」と娘様は悩んでおられました。
同居も考えたようですが、旦那様がご病気のため、お母様と旦那様のお二人をみることは現実的に難しく、担当のケアマネージャーに相談をしたところ「今後の生活面や将来的なことも考えるのであれば、在宅よりも有料老人ホームの方が良いのではないか?」と言われたこともあり弊社にご相談いただきました。

 娘様からのご条件としましては、お母様が住み慣れた地域で外出などを安全に行ってくれるような老人ホームが希望とのことでした。

 一度、お家の掃除のためにショートステイを利用した際はお友だちもでき、お母様は環境の変化には柔軟に対応ができているようです。
そこでお母様がお住まいになっている生活環境を見させていただき、雰囲気の合う老人ホームを選定。その中でも外出レクを積極的に行っている老人ホームをご紹介いたしました。
今では体験入居を経て、ご納得・ご安心いただいて過ごされています。

老人ホームに入居したいが自分のペースで過ごしたい|相談事例18

■入居検討者様の状態・状況

性   別 女性
年   齢 91歳
介 護 度 要介護1
必要な医療行為 特になし
認知症 なし
相談者:ご本人様
希望エリア:横浜市内
ご予算:入居時費用なし
備考:独居で生活

ご相談内容

 数年前にご主人様を亡くされお一人暮らしをされておりましたが、最近、足腰が弱くなり料理を作るのも大変になってきたため、有料老人ホームへ入居したいとご相談がありました。

 過去にいくつか介護付有料老人ホームを見学された事があったそうですが、居室が狭くお風呂が自由に入れない、簡単な料理はまだ作りたいとの希望があり決められずにいたそうです。

 自立型の老人ホームは入居時費用が高額な場合が多く、費用は低く抑えたいとのご希望がありましたので敷金で入居が出来るサービス付き高齢者向け住宅(以下、サ高住)をご提案させていただきました。サ高住は居室のタイプや介護体制が各住宅で様々なため、ご自身で希望に合う住宅を探すことは困難といえます。

 認知症も無く、まだまだお元気とはいえ高齢でいらっしゃるため、介護居室より少し広めの25㎡の居室にキッチン・浴室付き、24時間ヘルパーが常駐しており夜間の巡回サービスも行っている住宅をご提案いたしました。こちらの高齢者住宅は要介護5の方まで対応可能で、住宅内に機械浴室も完備されているため重介護になってもお住まい頂けます。

 ご自宅にいる時は浴槽がまたげずシャワー浴でしたが、「低い浴槽でヘルパーさんにお手伝いしてもらい、ゆっくり入れます。」と喜びの声が届きました。レストランにて3食の食事提供もございますが、最近はシルバーカーを使いご近所への買い物も楽しまれ自炊する時もあるそうです。

高齢で独居。夜間、何かあった時のことを考えると眠れなくなる・・・|相談事例7

■入居検討者様の状態・状況

性   別 女性
年   齢 96歳
介 護 度 自立
必要な医療行為 特になし
認知症 なし
相談者:ケアマネージャー
希望エリア: -
ご予算: -
備考:独居で生活

ご相談内容

 入居検討者様は6年前(90歳の時)に旦那様を亡くされ、一軒家を売却しマンション住まいを続けてこられました。朝・昼食は自炊をし、夕食は配食サービスを利用。週2回ホームヘルパーさんに掃除や買い物をお願いしています。
介護サービスの利用により日常生活に不自由はありませんが、「夜間、何かあった時のことを考えると不安で眠れなくなる」と悩んでいらっしゃいました。

 相談者であるケアマネージャーによると、「入浴の回数が決められたり、自炊ができなくなってしまうことを考えると有料老人ホームはまだ早いが、夜間の不安などを解消するには有料老人ホームも選択肢になっている。」とのことでした。

 そこでサービス付き高齢者向け住宅(以下、サ高住)のご提案をさせて頂きました。サ高住であれば、朝・昼食の自炊も行え、今までどおり必要な援助のみ利用ができます。また夜間介護ヘルパーが常駐している安心もあります。
早速、サ高住のご見学を手配させて頂きましたが、ご家族からは本人の年齢を考え、介護付有料老人ホームの見学も併せて行いたいとご希望がありました。

 見学当日は同行しましたが、やはり状態により介護の量を調整できるサ高住に比べ、介護付有料老人ホームはご本人様にとって自由がないと感じられたようです。
ご家族も、ご本人様の意思を尊重しサ高住へご入居をすることに納得をされました。

通いやすく、入居時費用が安価で、年金の範囲内で探してください|相談事例5

■入居検討者様の状態・状況

性   別 女性
年   齢 80歳
介 護 度 未申請
必要な医療行為 特になし
認知症 なし
相談者:息子様
希望エリア: -
ご予算: -
備考:独居で生活

ご相談内容

 一人暮らしをしていたお母様が、加齢にともない足腰が弱くなり、このままの生活には不安があると本人も言い始めたため有料老人ホームを探したいと息子様からご相談のお電話をいただきました。

 ご家族からは、自分たちが通いやすい場所、利用期間が読めないため入居時費用はなく、月々の費用は年金で収まる範囲でとのご条件でした。ご本人のお母様からは、駅から近くて、お元気な方が多く、お部屋にはキッチンがあって、スタッフの対応が良くて、病院が併設しているところ・・・など、在宅生活ではなかったご要望をいくつも出されました。

 全ての条件を満たす有料老人ホームはご希望の地域ではなかなか難しい旨をご説明し、まずは、入居を検討するきっかけとなったことを思い出していただき、何が重要で、どんな生活をしたいか、またご予算の整理はできているのか、再度ご家族で整理してもらえるようご説明しました。
するとご予算は変更できないが、まだ自分でできることは続けながら入居できる有料老人ホームを探したいと本人が言っているとのことでした。

 それであれば、有料老人ホームに入居することが最善ではなく、まずは介護保険を申請され、介護サービスを利用しながら在宅での生活を続けてみるのはどうですかとご提案させていただきました。

 その後のご様子を伺うと、要介護1がでたお母様は、家事支援でヘルパーさんを利用し、ディサービスにも週1回通われているとの事でした。

元気なときに早めの選択・・・子供に迷惑をかけたくないという思いから|相談事例3

■入居検討者様の状態・状況

性   別 女性
年   齢 75歳
介 護 度 自立
必要な医療行為 特になし
認知症 なし
相談者:ご本人様
希望エリア: -
ご予算: -
備考:独居で生活

ご相談内容

 仲良くされていたご友人が怪我で要介護状態になり、ご家族が老人ホームを探して遠くに行ってしまったことがきっかけで、ご自身も老人ホームを探そうと考え始めたそうです。ご自分の体調には不便を感じていない状況でしたが、これから先子供に迷惑をかけたくないという思いと、終の棲家は自分で決めたいという思いもあり、元気なうちに入居できるホームを探したいとの要望でした。

 ご予算的には、入居時費用を抑え、月額費用は20万円前後とのことでしたが、残念ながらこのご予算では都心は難しいとご説明し、都心から少し離れたエリアでご案内したところ、ご利用できるお住まいがあることに安心されたご様子でした。

 現在は保留になっておりますが、新しい情報が入ると見学に行かれます。

認知症の進行...一人暮らしの生活に限界がみえて|相談事例1

■入居検討者様の状態・状況

性   別 女性
年   齢 85歳
介 護 度 要介護2
必要な医療行為 特になし
認知症 あり
相談者:娘様
希望エリア: -
ご予算: -
備考:独居で生活

ご相談内容

 お父様が昨年亡くなり一人での生活が始まったころからお母様の認知症が少しずつ始まりました。 娘様のご自宅に毎日何度も電話がかかってくる日々が続き、買い物に出てはご自宅に帰れなくなったり、近所の方を泥棒にしてしまい迷惑をかけることが増えてきたそうです。娘様もできる限り様子をみに行きたいのですが、近くに住んでいないため、このままの生活ではいけないと思い、ご相談いただきました。

 娘様が通いやすいご自宅近くのホームを探されておりましたが、近隣のホームはどうしても高額なため、少し離れた、それでも電車一本で通える範囲でホームをご提案いたしました。

 その後、3ヶ所ご見学されましたが、大規模なホームではなく、とてもアットホームな雰囲気で、認知症の方も落ち着いて暮らされているホームに決められました。

 買い物に行くことが好きなお母様でしたので、入居後もスタッフと一緒に近くへお買い物に行くレクリエーションを楽しみにされているそうです。

登録はこちらから
  1. こちらから「資料請求」「有料老人ホーム見学」「その他ご質問」について、簡単にご依頼いただけます。
  2. 有料老人ホーム検索の結果一覧でご確認いただける詳細ページからご資料・見学の申し込みが行えます。
  3. 老人ホーム検索の検索の結果一覧でご確認いただける紹介ページからご資料・見学の申し込みが行えます。
  4. 来館相談予約