業界経験者だからできる安心のホーム探し|有料老人ホーム、介護施設、高齢者住宅、グループホーム、認知症に関する入居相談はケアプロデュースへ。

  • HOME
  • ケアプロの特徴
  • 介護お役立ちガイド
  • 事業者様向けサービス
  • 有料老人ホーム情報館

老人ホーム・介護施設探しの相談事例(ケアプロ入居相談室)

ケアプロ入居相談室では、様々な方から寄せられたご相談に対し、ご希望やご条件にあった老人ホーム・介護施設をご紹介しています。
これまで実際にご相談いただいた方々の事例をご覧ください。
現在お悩みの方やお探しの方、今後に備えたい方などのご参考になれば幸いです。

老人ホーム入居相談事例27|老人ホームへ住み替え。居室の移動なく過ごせるキッチン、お風呂付き老人ホームを希望

■入居検討者様の状態・状況

性   別 女性
年   齢 84歳
介 護 度 要支援2
必要な医療行為 特になし
認知症 なし
相談者:ご本人様
希望エリア:近くに総合病院があるところ
ご予算:入居時費用1500万円まで
備考:現在、有料老人ホームに入居中

ご相談内容

 既に老人ホームに入居されているご本人様からお電話でお問い合わせをいただきました。
現在いらっしゃるところが、自立の方の棟と介護が必要な方の棟に分かれているホームで、元気な間は自由な暮らしが楽しめるものの、介護が必要になった場合、いきなりキッチン・お風呂の無い10帖ほどの狭い居室になってしまいます。その上、提携病院は小さなクリニックのみで、終身まできちんと看てもらえるのか不安を感じ、今、ご自身で動ける間に他ホームへ移りたいとの事でした。

 そこでキッチン・シャワー付きの広い居室があり、ご入居されたお部屋で、介護が重くなっても居室の移動が無く終身過ごせる住宅型の老人ホームをご提案いたしました。

 ご提案したホームをさっそく見学に行かれたところ大変気に入られましたが、広い居室が満室のため待機申し込みをし、空くまでは今の老人ホームで過ごされることになりました。
ただ、歩くのも少し不自由になってきたご様子で、入居を早めにしたいとの事でしたので、新規ホームの情報もお伝えしながら、ご希望に合えばその都度見学をする予定になっています。
また、お身内の方が近くにいらっしゃらないため見学の際は同行をさせていただき、私どもの意見を聞きながら検討していきたいとのご希望をいただいています。

週3回のデイサービスが楽しみ。老人ホーム入居後もデイサービスに通いたい!!|相談事例24

■入居検討者様の状態・状況

性   別 男性
年   齢 86歳
介 護 度 要支援2
必要な医療行為 特になし
認知症 なし
相談者:姪御様
希望エリア: -
ご予算: -
備考:独居で生活

ご相談内容

 まだお元気な対象者様。独居のため将来的な不安もあり、元気なうちに老人ホーム入居をしておきたいとのことでした。そんな対象者様が最も楽しみにしているのは、週3回のデイサービス。事業所は別でも良いので、老人ホーム入居後もデイサービスに通いたいとのご要望がございました。

 基本的に「介護付有料老人ホーム」に入居した場合は、デイサービスに通うことは出来ません(実費負担であれば可能)。
一方で「住宅型有料老人ホーム」、「サービス付き高齢者向け住宅」は、ご自宅同様に外部サービス利用型ですので、入居後もデイサービスに通うことが可能です。

 今回はデイサービスが併設している「住宅型有料老人ホーム」にご入居されました。
ご見学時、入居者様に「是非入居して、一緒にスイカ割りをしましょうよ!」と誘われたことが決め手になったようです。
併設されているデイサービスには入居者様に限らず、外部からも大勢の方が通われており、新たにたくさんのお友達が出来たと大変喜んでおられました。

相談事例22 医療面での対応が必要なため、在宅で

■入居検討者様の状態・状況

性   別 男性
年   齢 88歳
介 護 度 要支援2(区分変更中)
必要な医療行為 チーマンカテーテル、インスリン
認知症 なし
相談者:奥様、娘様
希望エリア:杉並区周辺
ご予算:入居時費用300万円、月額利用料25万円
備考:高齢のご夫婦、娘様は遠方に在住

ご相談内容

 高血糖と脱水で入院してから急に体力も落ち歩行ができなくなりました。また糖尿病でのインスリン注射や交換時に痛みが伴いやすい導尿カテーテルなどの医療面での対応が必要になり、在宅介護が困難であるため、ソーシャルワーカーからのご紹介により奥様からご相談のお電話をいただきました。

 月に1度、泌尿器科でのチーマンカテーテルの交換や1日2回のインスリン注射の対応ができることを必須条件とし、できれば奥様ご自身も心臓が悪く歩くことが大変になってきたため、ご自宅近くで安い老人ホームがあればとのご希望でした。

 お住まいのエリアは非常に高額な有料老人ホームが多い現状を知っていただくために、①ご希望のエリアにある老人ホーム、②隣接区にある老人ホーム、③医療連携がしっかりと取れた老人ホームなどいくつかに区分けして複数の老人ホームをご紹介いたしました。
しかし奥様ご自身も高齢であるため、お一人で全てを決断することが不安だったようで遠方に住む娘様にご相談されました。その後娘様からご連絡をいただき、各ホームの特徴やパンフレットに記載されていない情報をお話しさせていただきました。

 娘様とご検討いただき、ご自宅からバスを乗り継いで通える新規開設ホームと、電車を利用するが駅から近く、医療対応も可能な老人ホームをご見学・比較検討した上で、当初の条件通り医療面を重視した有料老人ホームへのご入居を決められました。

入居した老人ホームが合わないので、一日も早く退去したい!|相談事例8

■入居検討者様の状態・状況

性   別 女性
年   齢 78歳
介 護 度 要支援2
必要な医療行為 特になし
認知症 なし
相談者:義息子様
希望エリア: -
ご予算: -
備考:介護付有料老人ホーム入居中

ご相談内容

 子どもたちを頼り有料老人ホームに入居した義母様より「一日も早く退去したい」と訴えがあり、義息子様よりご相談がございました。

 現在のホームを退去したい理由をお伺いしたところ、居室が北向きであるため、陽があまり当たらないという点と、ご入居者様の中で身体状態の重い方が多いため、気の合う方がほとんどいないという点が問題として挙がりました。
義母様は要支援2ではありますが、歩行や食事、排泄などご自分で行えるうえに、認知症も無い方でした。
よって現在入居している老人ホームでは、ホームの内容とご本人様の身体状態が合っていなかったと言えます。

 介護付有料老人ホームの居室は、一室18㎡前後(約10畳)の広さにトイレと洗面所付のタイプが一般的です。
また、身体状態によりフロアを分けているユニットケアのホームや、お元気な方から重介護者の方まで混在しているホームもあります。
その他、費用は高めになりますが介護付有料老人ホームでも広い居室にキッチンや浴室が付いているホームもあります。

 そこで、元々お仕事をされていた場所に近いところで、フロア分けがされているホームをいくつかご提案し、見学に行かれました。その後最も気に入られたホームで体験入居され、体験入居後、以前のホームには戻らずそのまま本入居となりました。

 有料老人ホームでは体験入居が可能ですので、認知症の無い方などは特にホームの雰囲気や他のご入居者様の様子を確認されミスマッチを防ぐことが大切です。
また、有料老人ホームではクーリングオフ(短期解約特例制度)があります。入居後90日以内に退去・契約解除する場合、入居一時金を全額返還するというものです(入居期間中の利用料は請求されます)。
もし、入居したばかりのホームを退去したい場合でも改めてご相談いただければ、ご要望に合ったお住まいを丁寧にお探しいたします。

登録はこちらから
  1. こちらから「資料請求」「有料老人ホーム見学」「その他ご質問」について、簡単にご依頼いただけます。
  2. 有料老人ホーム検索の結果一覧でご確認いただける詳細ページからご資料・見学の申し込みが行えます。
  3. 老人ホーム検索の検索の結果一覧でご確認いただける紹介ページからご資料・見学の申し込みが行えます。
  4. 来館相談予約